シンガポールおよび東南アジア各国における
クロスボーダーM&Aアドバイザリー早くから現地法人を立ち上げて、東南アジアへの進出を支援してきた実績と経験を基に、お客様をサポートします。

シンガポールおよび東南アジアの概況・動向

シンガポールは長く国際貿易港として発展を続け、その過程で多くの移民が流入し、多種多様な民族・言語・宗教を抱える国家として目覚ましい成長を遂げてきました。その成長の背景には、国内の民族調和に向けた取り組みとともに、自国の経済発展のために外国企業および外国人を積極的に受け入れる政策を実行してきたことが大きな要因として存在するものと考えられます。

シンガポールの特徴
●周辺諸国へのアクセスが容易な立地
●物流・通信等の充実したインフラ
●政治・社会的な安定性、高い教育水準、公用語が英語
●外資参入の自由度の高さ
●税制上の優位性(低い法人税率、優遇税制など税制上の恩恵の充実度)
●幅広い自由貿易協定(FTA)・投資協定ネットワーク

一方、近年の東南アジア地域全体の動きに目を向けますと、個別の国々の経済発展に加え、ASEAN経済共同体(AEC)の発足により、域内の物品・サービス・投資の自由化などを中心に、単一市場・競争力のある経済圏の構築に向けた取り組みが進められています。

シンガポールにおける外国企業の動向

日本企業を含む諸外国の企業にとって、シンガポールはかねてより地域統括会社を設立するなどアジア地域の中心地として考えられてきましたが、前述のような東南アジア全域の経済発展に伴い、近年再び注目が集まっています。
新たに東南アジアへの進出を検討している企業だけでなく、既に東南アジア各国に進出している企業にとっても、域内での更なる事業展開を見据えた統括機能の構築などといった課題を解決するために、東南アジア地域へのネットワークを有するシンガポール企業を買収することがひとつの重要な戦略的オプションとして位置付けられています。

シンガポール企業が抱える課題

シンガポールの企業の大部分は地場資本の中小企業であり、近年、その多くが世代交代に伴う事業承継の問題や事業上の課題を抱えているものとみられています。
事業承継の問題について、ある調査結果によると、経営者の約半数が適切な後継者が不在であると考えており、その問題の深刻さを窺い知ることができます。後継者不在に悩む経営者もしくはオーナーにとって、対象企業(事業)の売却がひとつの重要な選択肢となりますが、売却先の検討に際しては、当然ながら価格等の経済的条件が重要視される一方で、社風・企業文化等の親和性、経営理念・ビジョンや人間性を含む経営陣との信頼関係、統合後の従業員の処遇などといった点も非常に重視されているように思われます。
また事業上の課題としては、競争の激化やビジネスモデルの見直し、海外売上の拡大(従前の主要取引先国である中国やマレーシア以外の東南アジア地域への進出)などが挙げられています。
そのような課題を抱えている現地企業にとって、同じアジア地域にあり、優れた技術・ノウハウや管理手法を持ち、かつ対等の精神や和を重んじるとされている日本企業は、売却先もしくは戦略的なパートナーシップを構築する相手先候補として、一定の期待や信頼を得ているように思われます。

東南アジアにおけるM&Aアドバイザリー(In-Out型)

アミダスパートナーズは、シンガポールおよび東南アジア各国の企業とのクロスボーダーM&Aをご支援するため、2012年よりシンガポールでの活動を開始し、2014年には現地法人を設立いたしました。
豊富な実績を有する国際色豊かなメンバーが、独自の強みを活かしながら、お客様の企業価値向上に資するM&Aの実現に向けた適切なアドバイザリーサービスをご提供いたします。
  • > 案件情報の収集およびご提案:
    シンガポールおよび周辺国の金融機関・会計事務所・独立系アドバイザリーファームとのネットワークを活かし、現地企業に関する信頼性のある情報の収集に努めております。
    また、現地企業のオーナーとの信頼関係の構築にも努め、当該企業の事業内容はもとより、売却等の検討に至った背景や条件等について深く理解したうえで、パートナーとして適切と考えられる企業様へのご提案を実施いたします。
  • > 案件化後のプロセス全般管理:
    一般的なM&Aのプロセスにしたがって進めながら、案件ごとの状況に即した適切なディールマネジメントを行います。
    現地企業の中には、そのオーナーが自社の情報開示に対して極めて慎重な姿勢を示すところもあり、まずは相手方である候補先企業の経営陣の関心度合いや考え方を知るために、Face-to-Faceでのミーティングの設定を希望するケースもあります。そのような個々の事情に柔軟に対応し、適切なプロセス管理を行います。
    また、具体的な協議・交渉フェーズにおいては、M&A実行後の円滑な事業の承継や統合が行われるための適切なストラクチャリングの検討を行います。
  • > 統合後を見据えたリスクマネジメント:
    様々な法規制やビジネス上の慣習等の違いから、クロスボーダーM&Aにおいては国内企業同士のM&Aにはない多くのリスク要因が存在します。
    クロスボーダーM&Aにおけるこれまでの経験と、同じくクロスボーダーM&Aに精通した各国の専門家(弁護士・会計士・税理士等)と緊密に連携しながら、そのようなリスクの存在を的確に把握し、対応策の検討を行います。

シンガポールおよび東南アジア各国企業とのクロスボーダーM&Aアドバイザリーの実績

2016

顧客企業 アドバイザリー内容 譲渡/譲受企業 概要
WILL GROUP Asia Pacific Pte Ltd 株式譲受に関するアドバイス Oriental Aviation International Pte Ltd他 WILL GROUP Asia Pacific Pte Ltd による、Oriental Aviation International Pte Ltd 他2社の株式譲受
光洋機械産業株式会社 株式譲受に関するアドバイス Presco Scaffolding Pte Ltd/Presco Scaffolding & Services Pte Ltd 光洋機械産業株式会社による、Presco Scaffolding Pte Ltd/Presco Scaffolding & Services Pte Ltdの発行済株式の譲受

2015

顧客企業 アドバイザリー内容 譲渡/譲受企業 概要
カメイ株式会社 株式譲受に関するアドバイス Lee Huat Yap Kee Pte Ltd他 カメイ株式会社によるLee Huat Yap Kee Pte Ltd及び同社グループ株式会社3社の株式譲受
日東工業株式会社 株式譲受に関するアドバイス Gathergates Group Pte Ltd 日東工業株式会社による、Gathergates Group Pte Ltdの株式譲受

2013

顧客企業 アドバイザリー内容 譲渡/譲受企業 概要
三谷商事株式会社 株式譲受に関するアドバイス Dama Enterprise Pte Ltd 三谷商事株式会社によるDama Enterprise Pte Ltd(シンガポール)のアクリル板販売事業の譲受

東南アジアM&Aに関連するコラム

サービス概要
アミダスパートナーズについて