新規業務受託の終了について

平素は大変お世話になっております。
皆様のご支援のお陰で、本日をもちまして起業してから15年となりました。
この間様々なことがございましたが、多くのお客様、専門家の皆様、所属していただいたメンバーの方々のお陰でここまで事業を続けることが出来ました。ありがとうございました。
大変残念ではございますが、15年を機に、アミダスパートナーズとしての新規業務受託を終了させていただくことといたしました。

私が33年前に、銀行でM&Aを担当させていただいた時には、まだM&Aは社会的な認知も低 く、会社を売るなんてあり得ないと言われていた頃でした。銀行に入行した当初、お客様から「こ れからの銀行は、営業外の収益や費用だけの話ではなく、売上高や営業利益に資するような提 案が出来なければ駄目だ。」と言われ、色々と模索していた時に知ったのがM&Aの部署でした。 希望して着任をさせていただきましたが、本当にM&Aチームが必要なのかという厳しい指摘をい ただきながら、銀行にとっても、お客様にとっても将来重要な仕事になるとの信念で仕事をしてお りました。その後、監査法人系のアドバイザリー会社に転職してからは、組織再編税制や会社法 の改正を機に、多くの再編案件に携わらせていただきました。お客様からの後押しもいただき、弊 社を設立してからは、お客様の事業を理解し、適切なアドバイスを誠実に提供すること、そ の結果として企業価値向上をサポートすることをモットーに事業を行って参りました。ま た、この間沢山のメンバーと一緒に仕事をさせていただき、後進の育成にも少しですが 貢献できたのではないかと思っております。

最近では、M&Aという言葉を聞かない日が無いほど一般的となり、M&Aは事業戦略 上欠かせないものとなりました。一方で、事業承継案件等では、楽に稼げるような誤っ た認識で業界に参入するM&A仲介会社が数多くなり、業界全体が荒れた印象を持 つに至っております。また、M&Aを経験された企業も多くなっており、M&Aアドバイザリー に求められるサービスも大きく変わってきていると思っています。チームメンバーを抱えて、 弊社だけでイニシエーションからクロージングまでを行う形から、お客様の為に出来ること を、これまでご一緒した数多くの専門家の方々と協力して行うことがこれからの私の役 割ではないかと思うに至り、今回弊社としての新規業務引き受けを終了させていただく ことに致しました。現在頂戴しております委託業務を全て完了させていただいた段階で 当社は解散をする予定です。

長い間ご支援をいただきまして本当にありがとうございました。
今後私は、株式会社ウイズコアの代表として、新しいM&Aアドバイザリーの道を模索し て参りたいと思います。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 2021年11月30日
株式会社アミダスパートナーズ
代表取締役社長 石川 恭寛
■ご参考
(今後のご連絡先)
株式会社ウイズコア
代表取締役社長 石川 恭寛

(e-mail)ishikawa@withcore.co.jp
(HP)https://www.withcore.co.jp

アミダスパートナーズについて
お問い合わせ