メンバー紹介

メンバー紹介

緑川 正博

役職 代表取締役会長
略歴 1980年 公認会計士登録
1996年 税理士登録
主な活動 日本公認会計士協会「租税調査会法人課税専門部会」専門委員
武田昌輔成蹊大学名誉教授主宰税法研究会
一般社団法人日本経済団体連合会 分割税制・連結納税制度検討ワーキンググループ
二元的所得税ワーキンググループ
LLC等研究会
以上各ワーキンググループ及び研究会メンバー
公益社団法人日本医師会 参与
株式会社MID GROUP 代表取締役
主な著書 「相続財産評価の論点」(ぎょうせい(共著))
「企業組織再編税制の要点解説」(財団法人大蔵財務協会(共著))
「新しい合併・分割・現物出資の税務」(新日本法規出版(共著))
「連結納税制度の要点解説」(清文社(共著))
新版「資本の部の実務」(新日本法規出版(共編))
「非公開株式の評価」(ぎょうせい)
「新・会社法と会計・税務の対応 -「資本の部」を中心として-」(新日本法規出版(共編))
「相続財産評価の理論と実践」(ぎょうせい)
「新会社法と課税問題」(財経詳報社(共著))
「企業組織再編の実務【補訂版】」(新日本法規出版(共編))
「ケーススタディ 企業税務訴訟・審査請求」(新日本法規出版(共編))
「Q&A新公益法人の実務ハンドブック 移行・設立・運営・会計・税務」(清文社(共編著))
「改訂版Q&A自己株式の実務-法務・会計・税務-」(新日本法規出版(監修))
「新しいグループ企業の税制と実務対応」(新日本法規出版(編集))
「改正会社法と会計・税務の対応」(新日本法規出版(共著))

石川 恭寛

役職 代表取締役社長
略歴 1988年、株式会社三和銀行(現 (株)三菱UFJ銀行)入行。
1992年、M&Aアドバイザリー業務を推進していた事業開発部に着任。
以降、証券営業部、コーポレートファイナンス部にてM&Aアドバイザリー業務に従事。
流通・サービス業を中心に、オーナー系企業の事業承継案件、上場企業のバイアウト案件、法的破産企業のスポンサーへの譲渡案件まで幅広く多数の案件を担当。
2000年、株式会社グローバル・マネジメント・ディレクションズ(現(株)KPMG FAS)入社。
金融機関の合併、商社の共同新設分割による事業部門統合、非鉄金属会社子会社の上場建設会社合併、医薬品メーカーの子会社統合、電鉄会社による子会社百貨店事業の株式交換による完全子会社化、輸送用機器製造会社同士による合弁会社設立、食品メーカー子会社外食事業売却、教育事業会社によるソフトウエア会社の買収、総合不動産会社のホテル事業売却など、業界再編等を中心としたM&Aアドバイザリー業務に従事。
2005年、シナジー・キャピタル株式会社入社。
プライベートエクイティ業務に従事し、投資先6社のEXITを担当。
2006年11月、シナジー・キャピタル株式会社の業務終了に伴い同社退社。
2006年12月、当社を設立し現在に至る。
現在まで25年以上に渡り、一貫してM&Aアドバイザリー業務に従事。

星 北斗

役職 取締役(非常勤)
略歴 医師
財団法人星総合病院法人 理事長
ポラリス保健看護学院 学院長
元社団法人日本医師会 常任理事

仁木 淳二

役職 取締役CFO
略歴

大手IT関連企業に勤務後、プライスウォーターハウスコンサルタント(株)(現 日本IBM (株))にて、業務改善支援業務、ベンチャー企業支援業務、(株)グローバル・マネジメント・ディレクションズ(現 (株)KPMG FAS)にてM&Aアドバイザリー業務などに従事。 その後、外資系事業会社にて管理会計業務、独立系コンサルティング会社にて内部統制構築支援業務(J-SOX法対応)などに従事。
また、小規模事業会社のCFO職などを歴任。

中小企業診断士
社団法人日本証券アナリスト協会検定会員
米国公認会計士試験合格(ハワイ州)

林 健二

役職 ディレクター
略歴 1997年株式会社富士銀行(現(株)みずほフィナンシャルグループ)入行。2000年カナダ系CIBC証券会社東京支店に入社し、投資銀行部にて事業法人向けクロスボーダーM&Aアドバイザリー業務、私募投資案件、海外株式のブロックトレードに従事。その後、当社に参画。
日系非鉄金属メーカーや日系大手商社の海外鉱物資源資産の買収案件、北米エネルギー上流案件等の天然資源セクターでの豊富なアドバイザリー経験に加え、紙パルプ、化学品、輸送機械等の幅広いセクターでのクロスボーダーM&A案件に関与。
MBA(英国ケンブリッジ大学)、米国証券アナリスト(CFA)、社団法人日本証券アナリスト協会検定会員

五角 知也

役職 マネージャー
略歴

政府系金融機関に入行後、融資業務を担当。2007年より(株) KPMG FASにて、国内外のM&Aアドバイザリー関連業務、バリュエーション業務、モデリング業務に従事。2014年に(株)地域経済活性化支援機構に入社し、事業再生業務に従事。その後、当社に参画。

笠原 真人

所属 笠原公認会計士事務所
略歴

朝日監査法人(現あずさ監査法人)にて、法定監査、財務調査等に従事した後、アーサーアンダーセンのコーポレートファイナンス部門の分社に伴い (株)グローバル・マネジメント・ディレクションズ(現(株)KPMG FAS)へ転籍、その後プライスウォーターハウスクーパース・フィナンシャル・アドバイザリー・サービス株式会社(現プライスウォーターハウスクーパース(株))、KPMGコーポレートファイナンス((株)KPMG FAS)を経て、独立開業、現在に至る。

10年以上に亘りバリュエーション業務に従事。
小売、金融、不動産、商社、精密機器、エネルギー、情報サービス等幅広い業種における、M&A、グループ内再編、Purchase Price Allocationなどの会計目的、事業再生、事業承継等、数多くの案件におけるバリュエーションサービスを提供。
公認会計士
アミダスパートナーズについて